タブレットPOSレジは低コストで小スペースで扱える

タブレットPOSレジのメリット

レジ

タブレットがレジになる

タブレットは元々通信機器として利用されていますが、POSレジのアプリケーションを使用すればレジとして使用することが可能になります。通常のレジに比べてもスペースを必要としないので便利と評判です。

持ち運びが出来る

アプリを利用することでレジにもなるタブレットは持ち運びが出来ます。業務が終わればそのまま自宅に持って帰り、一日の売上計算を記帳することも可能になります。

クラウド型の特徴

POSレジのアプリでクラウドに対応している場合、タブレットを持ち帰らなくてもスマートフォンや自宅のパソコンで売上状況を確認することが出来ます。自宅にいながら状況が確認できるのでお店に行かなくて済むのです。

商品の登録も簡単

様々な商品の入れ替えが多いお店では、その都度商品の登録を行なう必要があります。しかしタブレットのPOSレジであれば登録もタブレット側から簡単に行なうことができるので手間がかかりません。

周辺機器と連動できる

飲食店などではオーダーを取る為の機器がありますが、このような機器とも連携することが出来ます。そのため会計も早くなり、客の回転率も向上するので売上も良くなります。

広告募集中